遠隔メンテナンスの基礎知識・情報・商品・提案

FrontPage

課題 成長するためにインフラを整備する

メンテナンス
メンテナンス(英: maintenance)とは、機器、機械、施設、情報通信システムなどの
インフラストラクチャーを正常な状態に保つことをいう。保守や保全とも呼ばれる。

メンテナンスの目的は?
テスト、測定、交換、調整、修理などの活動は、 機能ユニットを必要な機能を実行できる特定の状態に、またはその状態に保持することを目的としている。 材料を使用可能な状態に保つため、または使用可能に戻すために行われたすべての措置。

メンテナンスするの意味は?
メンテナンス(英: maintenance)とは、「維持」「持続」「保守」「保全」などの意味をもつ語である。 とりわけ、機械や建物、コンピュータシステムなどの設備について、故障や不具合が生じることなく正常な状態が維持されるように点検したり手入れをしたりすることを指すことが多い。 「メンテ」と略される場合も多々ある。

メンテナンスの使い方は?
どんなものでも整備や点検をしなければ、正常な状態を保つことはできません。 家電に住宅、高層ビル、インターネットサーバー… あらゆるものにメンテナンスが不可欠です。 肌のお手入れにも「月に1度のスペシャルメンテ」などと使うことがありますよ。

メンテナンスの重要性は?
工場設備を安全・安心に稼働し続けるためには「メンテナンス」が必要不可欠です。 使用前・使用後の常備点検や定期点検を徹底的にすることが、安全性を保つ唯一の方法になります。 工場設備にかんして何の知識を持っていなければ、正しいメンテナンスができずすぐに設備がだめになってしまうでしょう。2016/08/31

メンテナンスと保守の違いは?
メンテナンスと保守は同じ意味
メンテナンスはシステムやネットワークなどの保守・点検作業を意味し、保守は正常な状態を保つこと。2021/11/25

定期メンテナンスのメリットは?
定期的な点検整備の実施により、突発的な費用発生を回避することができます。 計画的に適時適切な修繕を行うことは、機器の寿命を延長し、大きな修繕に至ることがないため、結果としてトータルコストの削減につながります。

定期メンテナンスの目的は?
定期メンテナンスは機械や設備を継続的かつ安定して稼働させるために、点検、修理、部品交換などの保全計画を立てて定期的にメンテナンスを施していくものです。 部品交換の目安については一定期間で交換する「時間基準保全」と、部品の劣化具合に応じて交換する「状態基準保全」の2通りがあります。2019/01/15

機械メンテナンスの目的は?
機械保全の目的は、①機械が壊れ ないように、②機械部品の長寿命化、 ③機械の停止時間の減少、④突発的 な故障をゼロにする、などである。 実際には、予防保全と事後保全を組 み合わせた保全が実施される。

2023-01-13 (金) 20:28:43 - 監視カメラ使って無線機・測定器を遠隔監視 ★★★
2023-01-16 (月) 07:34:55 - 2023年の課題と具体的目標 ★★★




a:720 t:2 y:3


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional